名倉堂接骨院
交通事故による傷害の施術 名倉堂接骨院では、交通事故によるむち打ち損傷や傷害の施術も行っております。主に頚部・背部・腰部痛や頭痛・しびれ・めまい・耳鳴り等の症状です。まれに神経心理学的な障害(イライラしやすかったり、神経質になったり、うつ状態になる)がおこります。 当院での施術やカウンセリングにより、なるべく主な症状の改善からメンタルケアまで出来ればと思っております。 しかし、必要に応じて医療機関との連携により、MRI・CT等の各種検査も随時行います。 交通事故の後遺症は、痛みや機能障害から、その後の生活に支障をきたす恐れがあり、きちんと治療することをオススメします。 万が一交通事故にあってしまったら、当院にご相談ください。適切な対処とアドバイスをさせて頂きます。

 

治療の流れ step1 交通事故にあい、来院。 step2 問診表にご記入下さい。院長が診察し、症状の状態や治療方法、治療期間までを説明致します。 step3 保険会社に当院にて施術をしたい事を伝えて頂ければ、あとは治療費の患者負担はありません。 (来院される前に保険会社へ連絡されても結構です)しかし、ある自賠責の保険会社では、接骨院に通院しようとすると『自賠責の保険は効かない』と言われ、『整形外科に行って下さい』と言う保険会社もありますが、これは間違いで、接骨院でも自賠責保険で治療できます。もしも保険会社で『接骨院ではダメ』と言われた場合、こちらから保険会社へご連絡致しますのでご相談ください。 step4 1日でも早く交通事故以前の症状に近づけるように、一緒にがんばりましょう。
例・むちうち損傷の場合=、安静期間(1〜2週間)
(1)昔ながらの副子と包帯で固定をした方が安静が保てるようなので、当院では頚椎カラーといわれる固定具はなるべく使わず施術をします。
(2)アイシング、愛護的マッサージ、SSP、レーザーで消炎、鎮痛治療を致します。 step5 保険会社によっては車の損傷度合いで患者さんの症状を勝手に把握し治療期間を指定してくる保険会社や3ヶ月を越すと症状に関係無く「治療期間が長いですから、そろそろどうでしょうか?」と言ってくる保険会社もあります。当院では治癒もしくは交通事故に遭われる前の症状に戻れるまで出来る限り患者さんに協力出来るよう努力します。  また、自賠責保険、支払契約、保障、休業保障など交通事故後遺症治療に必要な事務的処理は当院のスタッフが対応します。 治療関係費(治療にかかった費用及び診断書代)・交通費(通院に際しての交通費)・ 休業損害(労働で得られていたはずの収入)・慰謝料(1日の通院に対し、4200円が支払われます。慰謝料の対象は通院日数から治療期間内で決められます。) step6 事故以前の状態に戻り無事に治癒となります。

 

接骨院