名倉堂接骨院|身体メンテナンスLABO NAGURADO > 腰痛・ギックリ腰で悩んでいませんか?

腰痛・ギックリ腰で悩んでいませんか?

つらいギックリ腰や諦めていた慢性腰痛、当院では真っ直ぐ向き合って改善させます。腰痛と一言にいっても様々な腰痛があるので少しお話させて頂きます。

現在、整形外科などの西洋医学では、7割の腰痛が原因不明とされています。レントゲンやMRIで診断される腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症などが有名ですね。

あとは皆様も耳にした事があるかもしれませんが「魔女の一撃」ともいわれるとても辛い症状が突然現れるギックリ腰。なった人は分かると思いますが、トイレに行くのも一苦労、周りから見ていると「そんな…!?」って程に動けません。ギックリ腰は一般名であり傷病名ではありません。突然腰に激痛が現れた状態を指します。昔の人は普通に生活していた人が当然動けなくなるので魔女の仕業ではないか?なんて言ったのかもしれませんね。

そろそろ当院の腰痛に対する考え方を説明しましょう。
腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症は手術を薦められる事が多いと思います。しかし、ちょっと待って下さい。腰が痛いのに脚がしびれたりする様に病原と違う場所に痛みが出ている事が多いのです。いや殆どが痛い所に原因がありません。

ギックリ腰なんて最も腰に原因がない症状の一つでしょう。
ビックリした症例で言うと腰の痛みが色々な検査をしても原因不明、何処で治療しても良くならない。原因は手の親指の筋肉にあった等。

腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症の痛みやシビレも腰の病変にアプローチするより他の場所を施術した方が改善される事が多々あります。

当院では腰椎ヘルニアで手術を薦められた患者様も痛みから解放され日常生活を普通に送られている方が殆どです。

では、どんな治療をするのか?患部に触れずに痛みを取り除きます。患部をいくら治療しても治らない理由がここにあります。痛みを取り除くヒントは姿勢にありました。

姿勢が狂うとどうしていけないのか?身は筋膜というボディスーツの様な膜で頭のてっぺんから足先まで包まれています。何処かの筋肉が疲労などで緊張するとボディスーツにたわみが出てテンションが掛かった場所に痛みが現れてきます。痛みが出ている場所は身体の異常を伝えようとしていますが原因は疲労して固くなり引っ張っている筋肉なのです。もっと言うと固くなっている筋肉のせいで姿勢も歪んでしまっています。筋膜は伸ばされると自分で元に縮む事は出来ません。固くなっている筋肉を緩めて姿勢を治さない限り局所の筋膜をリリースしても根本治療にはなっていません。

理科室にあった骨模型の様な真っ直ぐな姿勢が出来ている人は少ないですがゴールデンラインといわれる耳・肩・骨盤・膝・足関節が真っ直ぐになる姿勢で生活が出来れば理想的な姿勢なので痛みのない生活を送れると考えます。

西洋医学的にも関節の可動域や理想的な姿勢は示されています。
関節は解剖学的可動域に動かせ・筋肉は100%伸び縮みが出来る・理想的な姿勢も取れ意図的に悪い姿勢も出来るのが理想です。

面白い話で痛みがあっても理想的な姿勢にしただけで痛みが消えてしまう事があるんですよ。
人は悪い姿勢で居ると脳が現在の姿勢が普通の姿勢と理解してしまいどうにか悪い姿勢でも生活をしようとします。すると更に姿勢が悪くなってゆき筋肉や関節が悲鳴をあげ痛みを発します。早い段階で気付いてくれれば治し易いのですが、悪い姿勢をかばって使っていた為に痛みが出ているのに無視して生活をしていると更に違う場所が悲鳴をあげもっと酷い痛みが現れます。色々な筋肉が痛みを発しだすと知恵の輪状態になり最初に痛みを引き起こした原因になっている筋肉を探すのが困難になってきてしまします。風邪と同じで色々な症状が出てこじらす前に来院して頂き施術させて頂きたいです。また理想の姿勢になってからも日常生活の癖があり段々と悪い姿勢に戻ろうとしますので日頃のチェックもお願いしています。

当院では全身の腰痛に関係している筋肉(44ヵ所)を調整する事により関節や筋肉が正しい動きを取り戻し理想的な姿勢が出来る様に施術をします。腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症などで脚のシビレが取れない方も是非施術させて下さい。ある姿勢を取ると劇的に改善する事があります。また、姿勢を改善させる事で肩や膝の痛みが改善するケースも多々あります。院長が必ず施術致しますので痛みの変化にも直ぐに対応致します。皆様も自分でも努力をしていると思いますが、専門家のチェックを受けてから姿勢を正した方が安心かつ正確に努力が出来ると思います。また、治せないと思っていた症状を確実に改善出来る姿勢改善メソッドにより楽しい生活を手に入れましょう。

指の痛み
肘の痛み
肩の痛み
首の痛み
股関節の痛み
膝の痛み
足首の痛み
足の甲・足指の痛み